All-on-4について

本数の少ない最先端のインプラント治療法 All-on-4(オール・オン・フォー)

レントゲンAll-on-4は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。
従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。
そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。


レントゲン像All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本のインプラントですべての人工の歯を支えることに成功。
上記のような不安要素を解消することができました。手術や費用の負担を必要最低限に抑えた新しいインプラント治療法-それがAll- on-4です。


All-on-4(オール・オン・フォー)の治療例

All-on-4の治療例

総入れ歯とインプラント(All-on-4)の比較

総入れ歯によるトラブル
All-on-4により解消
入れ歯と歯ぐきの間に食べ物がはさまって痛む
食べ物がはさまって痛むことがない
噛む力を十分にかけられず、硬い物を食べることができない
あごの骨にしっかりと固定されているため、硬い物も食べることができ、きちんと栄養が取れるようになる
歯ぐきが覆われていて、食べ物がおいしく感じられない
天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
入れ歯が動いて発音しにくく、人と話をするのが億劫になる
固定されているため安心しておしゃべりができる
食後に入れ歯をはずして洗ったりするのが嫌で、外出や旅行ができない
固定されているため、取りはずす必要がなく、外出や旅行が楽しめる

たった1日で取りはずしの要らない歯に

All-on-4は、埋め込むインプラントの数が最少4本。
骨の移植なども必要ありません。
抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能になりました。

たった1日で取りはずしの要らない歯に

つまり、今まで使用していた歯や入れ歯が手術当日まで使え、その夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができるのです。

All-on-4による治療の流れ


検査と準備 STEP1:
レントゲン写真を撮り、全体的な治療計画をたてます。お口の中の型を取り、かみ合わせを確認。手術後に装着する仮の歯をあらかじめ作製します。

インプラントの埋め込み

STEP2:
抜歯が必要な場合は抜歯をします。歯ぐきを切開してインプラントを埋め込みます。麻酔をしてから行うため、痛みは全く感じません。
休憩

STEP3:
インプラントを埋め込んだ後は、しばらく休憩します。
仮の歯の装着
STEP4:
インプラントを埋め込んだ数時間後には仮の歯の装着ができます。
◇1日で治療可能(お口の状態により、仮の歯の装着が手術翌日以降になる場合もあります)

ブリッジの取り付け STEP5:
インプラントの埋め込みから約6ヵ月後に、強度が高く、美しい仕上がりの最終ブリッジと交換します。

最終ブリッジを取り付けた後はご自分の歯のように噛んで食事ができます。

最終ブリッジを取り付けた後はご自分の歯のように噛んで食事ができます。