矯正歯科治療

前歯のみのプチ矯正 20万円
アソアライナー 片顎 30万円
上下顎 60万円
*クリックで拡大します!


矯正治療の流れ

1.初診相談
問診や視診をしながら診察します。
矯正治療を始める場合には、精密検査をします。

2.精密検査
歯の写真・顔の写真・歯のレントゲン写真・頭部のレントゲン写真・歯列の模型
歯の写真・顔の写真・歯のレントゲン写真・頭部のレントゲン写真・歯列の模型
などの治療計画に必要な資料をとります。症状により顎関節のレントゲン写真や顎運動の検査もします。

3.矯正診断
精密検査の結果をもとに、不正咬合の診断と治療計画・治療方法ならびに治療期間、矯正料金についての説明があります。

4.治療開始
矯正治療は、動的治療と静的治療(保定)の二段階に分かれています。

1. 治療計画に従い、いろいろな矯正装置を使って歯を動かし、段階的に治療を進めます。
2. 上下の歯が計画通りに動いて、次第に正常なかみ合わせになると、最終段階で仕上げの治療をします。
3. 動的治療が完了すると矯正装置をはずし、静的治療(保定)に入ります。
4. 動かした歯を支えて保護するために保定装置を使います。その期間は通常2~3年ですが、場合によっては成長が終了するまで必要になることもあります。
5. 動かされた歯が完全に保定されると、静的治療も終わります。その後は、定期検診として、年に1~2回通院します。

いろいろな矯正装置

治療計画に従って・固定式や取り外し式など、いろいろな装置を組み合わせて使います。

アソアライナーとは

アソアライナーとは、透明なマウスピース型の取り外しができる矯正装置です。
装置の厚みを少しずつ厚くしていくことで徐々に矯正力をかけていくので疼痛を軽減させることができます。(1回の型取りで、3種類の厚さの違う装置を作成します)

従来の矯正装置に比べ、目立たず、食事時や歯磨き時には取り外しができるため、虫歯になりにくいのが特徴です。また金属アレルギーの方も使用できます。

治療の流れ

1 診断・分析(治療に適応できるか判断)
2 アソアライナー作成用の型取り
3

口腔内模型を作成する

口腔内模型を作成する
4

専用のソフトで必要な移動距離を計測

専用のソフトで必要な移動距離を計測
5

模型を分割して計測した距離分動かした位置で固定

模型を分割して計測した距離分動かした位置で固定
6

【5】の模型を基にアソアライナー作成

アソアライナー
7 装置の装着(ソフト0.5mm)最低10日間
8 装置の装着(ミディアム0.6mm)10日間
9 装置の装着(ハード0.8mm)10日間以上
10 以下、【2】~繰り返し

治療例

アソアライナー治療例

矯正治療症例集へ

固定式の装置

矯正治療―固定式の装置 矯正治療―固定式の装置 矯正治療―固定式の装置

固定式の装置 マルチブラケット(全体の治療に使う装置)

メタル製ブラケット
プラスチック製ブラケット
舌側矯正装置
固定式の装置 マルチブラケット(全体の治療に使う装置) 固定式の装置 マルチブラケット(全体の治療に使う装置) 固定式の装置 マルチブラケット(全体の治療に使う装置)

治療内容によっては、使用できない場合もありますが、装置が目立たなしいような透明なブラケツトを用いたり、歯の裏側にセットするなど審美性を考えたものも使われる場合があります。

youtube